マイナス20キロで人生が変わる

マイナス20キロで人生が変わる。

高校生の時に、大病を患い長い間歩けない時期がありました。そのおかげで体重は10キロほど増加。もともと太っていたのもあって、気づけば85キロほどになってしまいました。
退院するまでは気にも留めなかったのですが、退院して外出できるようになり、このままではいかん…と思いました。
以前来ていた服のほとんどが着れないという悲劇。外出するようになってやっと、自分が太ったと確実に自覚しました。

 

そういうわけでダイエット開始した私ですがやり方が分からず…ネットなどで調べたら結論としては食事療法と運動の2択ということが分かり、迷わず前者を選びました。
退院して間もなかったので運動は禁止されていたというのもありますが、単に運動するのがキライだったからです。

 

太ってるのに食事療法なんて無理なのでは…と最初思いましたがそこは”女の気合”で乗り切りました。
太っている人によくあるのですが、ダイエットを初めて食事を減らすと割とすぐにガクっと体重が落ちることがあります。私もそれでした。

 

すぐに効果が表れたんだと思い舞い上がって、食事を減らして減らして…そして気づけば85キロあった体重が62キロほどになっていたんです。
お医者様には急に痩せるのは危ないよ、死ぬよ?と言われたんですが、今現在も元気です。

 

今ではだいたいの服屋さんの服は問題なく着れるし、外を歩いてて人の視線が気になることもなくなりました。痩せると自信がつくし、毎日HAPPYです。本当に人生かわりました。